クマ改善の為に目もしっかり休ませよう!心掛けるのは質の良い睡眠!

身体を健康に保つためには私たちが想像している以上に生活習慣が重要と言えます。また生活習慣は健康以外にもお肌や目元などにも大きく影響するのです。子供の頃は夜9時には寝てばっちり8時間以上寝ていたのに、大人になるにつれてだんだんと睡眠時間が減少した人も多いのではないのでしょうか?目の下に出来るクマの中には睡眠不足が原因のものもあります。人は8時間睡眠をとるのがベストとされています。実際8時間以上睡眠をとっている人はどのくらいいるのでしょうか?睡眠には身体を休めて疲労を回復する効果があり、しっかり睡眠をとることが重要です。そして睡眠不足は美容にも大敵と言えます。8時間以上睡眠をとることが難しい人でも質の良い睡眠を心掛けることで補うこともできます。

皆さんお肌のゴールデンタイムトいうものがあるのをご存知ですか?夜の10時から夜中の2時は成長ホルモンが分泌されお肌の再生能力を高めます。このゴールデンタイムと呼ばれる時間にぐっすり深い睡眠に入っていることでお肌の調子を整え、クマを防いだり、クマを改善することができ、さらに疲労回復にもつながります。

また日常生活において常にパソコンやスマホの画面ばかり見ているなんて人も多いですよね。目の下にクマができる原因として長時間パソコンの画面を見ているという理由があげられます。仕事でパソコンを長時間使用していると目が疲れやすくなります。さらに画面を凝視しているため肩が凝ったりもしますよね。これにより血行不良をまねき全身の血流を悪くし、クマが慢性化してしまいます。もちろんスマホの画面も同じで、さらにスマホの画面は小さいため、目元に与える影響も大きいといえるでしょう。さらにパソコンの画面から放たれるブルーライトも目に悪影響を与えると言われています。最近ではこのブルーライトをカットする眼鏡も販売されており、一日中パソコンを使用する仕事をしている人はこういった眼鏡を利用し目をいたわるようにしましょう。

クマの中でも青クマは目元の血行不良や疲労から起こると言われています。仕事でパソコンを使う人はなかなかパソコンを控えるのは難しいですよね。そういう人は時間を決め、目を痩せませる時間を作ったり、スマホの使用を控えるなどの工夫をするようにしましょう。目の疲労はクマ以外のトラブルも引き起こしてしまいます。

しっかり睡眠をとったり、目を休ませることは体にとてもお肌にとっても目元にとっても大切なことです。

日常生活においてクマを作らせない生活習慣を自分で作っていくようにしましょう。

軽く押すだけでOK!目元のツボ押しでクマが改善される!

クマができると疲れているように見られたり、年齢よりも上に見られたりととても厄介です。出来ればクマを一刻も早く解消させたいものです。そうなると重要になってくるのがクマの種類をしっかり見極めることです。クマには茶クマ、青クマ、黒クマの3つがあり、原因もそれぞれ違います。まずは自分にできているクマがどれに当たるのか調べることから始めましょう。

まずはクマを軽く下に引っ張ると目立たなくなる場合は青クマ、上を向いて目立たなくなるクマなら黒クマ、引っ張っても上を向いても目立ってしまうクマが茶クマといえます。

茶クマは色素沈着が原因なので、美白効果のあるスキンケア商品を使ったり、紫外線対策を十分に行うことが必要です。すぐに消すことは難しいですが根気強く続けることが大切です。青クマの原因は血行不良などで血流をよくするケアが大切です。蒸しタオルで温めたり、ホットアイマスクで目元を温めたりリラックスさせたりすることも効果的です。次に一番厄介な黒クマです。黒クマはいわゆる老化が原因なため、皮膚が衰えることにより目の下に出来たくぼみが影に見えることによりクマになってしまいます。目元にハリを蘇らすアイクリームを使ったり、ヒアルロン酸注入で目元をふっくらさせることで目元のクマが目立たなくなります。

クマができる原因や改善方法はクマの種類によって違います。それぞれのクマ対策をするこも大切ですが、毎日のスキンケアと一緒に目元のツボを押してケアしてあげるだけでも効果があるのです。目元に効果のあるツボは3つあり、目頭の斜め上にある清明(せいめい)、目の下の少しくぼんだ所にある承泣(しょうきゅう)、こめかみより少し上の目よりにある太陽(たいよう)を押すといいでしょう。皮膚は非常に薄いため、乳液やクリームなどを手に付けてスキンケアのついでに軽く2、3回押すと効果があります。これだけでも血行が良くなり、クマ改善に繋がります。なかなかがっつり出来てしまったクマを完全に消すことは難しいですが、若いうちからマッサージを取り入れることで年齢に負けない美しい目元や肌を作ることができます。

簡単なセルフケアですが、少し時間があいた時、お風呂場でゆっくり湯船に浸かっている時など、とくに道具がなくでも簡単にすることができます。目元を美しく保つためには何事もケアが重要です。

美しい目元を作れるようにスキンケアの後にマッサージを心掛けるようにしましょう。

食べ物でクマを改善!茶クマ、青クマ、黒クマを改善する食べ物とは・・・

ある日鏡を覗いたらクマが出来ていたってことになったら嫌ですよね。その中でも目の下に青白いクマが出来てしまったら不健康に見られてしまいがちです。クマには茶クマ、青クマ、黒クマの3種類があり、その中でも青クマは血行不良でできてしまいます。目の下には毛細血管が通っており、目の下の皮膚は非常に薄いため透けて見えてしまうのです。しかし血管が透けて見えているだけと言っても目の下が青くなっているなんていかにも不健康そうな印象を与えてしまいます。

では青クマを改善するにはどうすればいいのでしょうか?

青クマは血行不良が原因で、血液の流れの悪化が影響しています。青クマを改善しようと思うと血液をサラサラにしてくれる食べ物を積極的に食べることも改善に繋がります。例えばニシン、ホッケ、カツオ、マグロ、サンマ、アジ、などの魚介類がおすすめです。また野菜でもネギ、アスパラ、キャベツ、ピーマン、ニンニク、ニラ、レタス、白菜、キュウリ、玉ねぎ、セロリ、ゴボウ、大根もいいでしょう。ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなども積極に取るようにしましょう。

中でもカシスには目の下のクマに効果があるとわかっています。カシスポリフェノール入りの飲料水飲むとクマが改善された報告例もあるんです。カシスポリフェノールが目の下の血行を改善し、眼精疲労を緩和させ、冷え性や肩こりも改善してくれるのです。カシスには顔の血流量を向上させる働きがあり、肌のトーンをアップしてくれます。またアントシアニンが豊富に含まれており、アントシアニンが血管を拡張し、血流の流れを良くしてくれます。クマにはカシスと覚えておくといいでしょう。

また茶クマは紫外線からのダメージを受け、メラニン色素が沈着して出来てしまいます。茶クマには美白効果のある食べ物を積極的に摂取することがおすすめです。中でもキウイがおすすめです。キウイを一日1個食べるだけでビタミンC、ビタミンEを同時に摂取することができるため、茶クマに効果的です。

また加齢が主な原因とされる黒クマには老化防止に効果のある、レバーがおすすめです。レバーには若さを保つために必要な核酸がふくまれており、目の下のクマのみならず、お肌老化にも効果があります。

クマや目元の悩みを改善するにはスキンケアも大切ですが、体の内面から改善することも大切です。不規則な生活を見直し、目に良い食べ物を積極的に摂取することもいいことなのです。