あなたの目元は大丈夫?30歳を過ぎるとあらわれる目元の悩みシワ、クマ、弛み!

顔の印象を左右する重要なパーツ目元。目元は年齢の影響を受けやすい部分でもあり、いつまでも美しくありたい女性にとって重要なパーツなのです。

あなたは目元にどんな悩みをもっていますか?

一番悩みが多いのがシワではないでしょうか。若い頃は笑っても特に何も変化なかった目元ですが、30代を過ぎると笑うと目尻にピピッとシワができるようになります。表情を作る時に出来ることが多いため、自分ではあまり気付いていないなんて人も多いものです。気付いたときにはくっきりとした本じわになっていたということもあるため注意が必要です。

そして次に気になるのが目の周りの皮膚の弛みです。頬が弛むと必然的に目元も引っ張られ目元も弛む傾向にあります。また目元の皮膚は非常に薄く弛みやすくなっています。目元の皮膚が弛むと目が小さく見えたり、目の下の皮膚が弛むと一気に年齢よりも老けて見られてしまうため、皮膚をたるませない努力をすることが重要となってきます。

そして、若い人から年配の人まで多くの人が抱えているのがクマです。

クマは不健康そうに見えたり、年齢よりも老けて見られてしまったりと出来てしまったらとても厄介です。たかがクマと思っていると鏡を見るたびに落ち込んでしまいます。またクマが出来てしまうと寝不足や疲れがたまっていると思ってしまいがちですが、稀に病気のサインの場合もあります。クマの中でも青クマの原因は血行不良で、疲れがたまってきたなと思っていると、鉄欠乏性貧血やバセドウ病、肝臓疾患、腎臓疾患などのサインの場合もあります。クマには茶クマ、青クマ、黒クマと種類があるため、それぞれ原因や対策が違います。自分に出来ているクマがどれが見極め、もし出来ているクマが青クマの場合、改善が見られない場合は病院を受診することも必要です。

目の周りにはたくさんの毛細血管が通っており、そこに血液が流れて目に栄養や酸素が送り込まれます。さらに目の周りは目を守るために眼窩脂肪に覆われており、それを瞼が支えています。さらに目の周りの皮膚は非常に薄く、それによりちょっとした摩擦でシワになったり、色素沈着になってしまったりと目の周りのトラブルは尽きません。目は顔の中で一番目のつくところであり、第一印象を左右する大切なバーツです。若いうちから目の周りを衰えさせない、シワを作らない、クマを作らないようにしっかり対策を取っておくことが大切です。これを機に目元のケアを始めましょう。