あなたのクマは大丈夫?目の下に出来るクマにも種類があった!それぞれの原因とは・・・

 

目の下のできるクマ、あなたは仕方ないっと思っていませんか?目の下にクマができると年齢よりも老けて見られてしまうのはもちろん、疲れていなくても疲れている印象を与えてしまいます。もちろんコンシーラーなどを使いメイクで隠すことができますが、出来ればすっぴんでも美しくありたいのが本音ですね。

実は目の下に出来るクマはに種類があるんです。クマに種類があったなんて知らない人も多いのではないでしょうか?クマによってできる原因、対処方法が違うため知っておくことが大切です。

まずは茶クマです。茶クマの主な原因は色素沈着です。紫外線からのダメージや目を擦り過ぎることによって色素沈着は起こってしまいます。それ以外にもアトピー性皮膚炎、乾燥による痒みなどが原因で起こることがあります。また茶クマは目の下だけでなく、瞼にもできることがあります。アイシャドウを付ける時に擦り過ぎていたり、落としきれなかったアイシャドウやアイライナーにより色素沈着してしまうのです。今はばっちりアイメイクで美しい目元を作りあげる人が多くいますが、肌を傷つけないようにメイクしたり、しっかりメイクを落とさなければ茶クマの原因となってしまうのです。

次に青クマです。目の周りには毛細血管が通っており、その血液が滞り、目の周りの薄い皮膚から毛細血管が透けて青っぽく透けて見えるのが青クマの原因です。冷え性だったり、睡眠不足や疲労、ストレスやホルモンバランスの乱れから起こると言われています。また今は仕事やプライベートでもパソコンやスマホの画面を凝視することが多くなっています。これらも目の血液を滞る原因となり青クマの原因となるのです。

そして最後に黒クマです。黒クマの厄介なところはメイクでは隠せないところにあります。黒クマができる原因は加齢により眼窩脂肪を支える筋肉が緩み、眼窩脂肪が突出することで弛み、目の下がへこんでしまうことで黒クマがあらわれます。

茶クマや青クマはメイクで隠すことができますが、黒クマは目の下が凹み影となっているため、コンシーラーで隠すことが困難です。

もちろん目の下にクマを作らせないことが一番ですが、それぞれのクマの原因を知り、クマを作らせないようにしましょう。

女性によって目元は印象を左右する重要なパーツです。もちろんメイクをしていないときでも美しくありたいのが本音です。若いうちからしっかりケアして美しい目元を維持できるようにしましょう。