軽く押すだけでOK!目元のツボ押しでクマが改善される!

クマができると疲れているように見られたり、年齢よりも上に見られたりととても厄介です。出来ればクマを一刻も早く解消させたいものです。そうなると重要になってくるのがクマの種類をしっかり見極めることです。クマには茶クマ、青クマ、黒クマの3つがあり、原因もそれぞれ違います。まずは自分にできているクマがどれに当たるのか調べることから始めましょう。

まずはクマを軽く下に引っ張ると目立たなくなる場合は青クマ、上を向いて目立たなくなるクマなら黒クマ、引っ張っても上を向いても目立ってしまうクマが茶クマといえます。

茶クマは色素沈着が原因なので、美白効果のあるスキンケア商品を使ったり、紫外線対策を十分に行うことが必要です。すぐに消すことは難しいですが根気強く続けることが大切です。青クマの原因は血行不良などで血流をよくするケアが大切です。蒸しタオルで温めたり、ホットアイマスクで目元を温めたりリラックスさせたりすることも効果的です。次に一番厄介な黒クマです。黒クマはいわゆる老化が原因なため、皮膚が衰えることにより目の下に出来たくぼみが影に見えることによりクマになってしまいます。目元にハリを蘇らすアイクリームを使ったり、ヒアルロン酸注入で目元をふっくらさせることで目元のクマが目立たなくなります。

クマができる原因や改善方法はクマの種類によって違います。それぞれのクマ対策をするこも大切ですが、毎日のスキンケアと一緒に目元のツボを押してケアしてあげるだけでも効果があるのです。目元に効果のあるツボは3つあり、目頭の斜め上にある清明(せいめい)、目の下の少しくぼんだ所にある承泣(しょうきゅう)、こめかみより少し上の目よりにある太陽(たいよう)を押すといいでしょう。皮膚は非常に薄いため、乳液やクリームなどを手に付けてスキンケアのついでに軽く2、3回押すと効果があります。これだけでも血行が良くなり、クマ改善に繋がります。なかなかがっつり出来てしまったクマを完全に消すことは難しいですが、若いうちからマッサージを取り入れることで年齢に負けない美しい目元や肌を作ることができます。

簡単なセルフケアですが、少し時間があいた時、お風呂場でゆっくり湯船に浸かっている時など、とくに道具がなくでも簡単にすることができます。目元を美しく保つためには何事もケアが重要です。

美しい目元を作れるようにスキンケアの後にマッサージを心掛けるようにしましょう。