クマ対策にはアイクリームがおすすめ!普段のスキンケアにアイクリームを追加!

目元にクマができると一気に老けた印象を与えたり、不健康のイメージがついてしまったりと女性にとってはとても厄介なものです。目元の皮膚は非常に薄く、すぐに色素沈着したり、メイク落としですら刺激となってしまうこともあるのです。また多くの人が顔に使うスキンケア用品にはとても気を遣いますが、目元にはさほど気を遣わない人が多くいます。ついつい目元にも顔に使うクリームや美容液を使う人がいます。しかしそれでは敏感な目元の皮膚には十分なケアとはならないのです。目の周りの皮膚には土台となる骨がなく、支えとなる筋肉も少なく、しっかりケアしてあげなければお肌の衰えが一番出やすい部位なのです。また睡眠不足からくる疲労や血行不良によるクマなど様々な目元のトラブルを解消しようと思うとアイクリームを使うことがいいのです。顔に使うクリームではなく、目元専用のアイクリームを使用しましょう。アイクリームは少量なのに効果というイメージがありますよね。目元に使うアイクリームはそんなにつける必要が無いため、高いと感じますが、一回の使用量が少なく、実はそんなに高価なものではなかったりします。またくま対策アイクリームも販売されているため、クマが気になり、クマを消したいと思う人はアイクリームをぜひ使ってみてくださいね。
中でもおすすめなのが北の快適工房のアイキララです。コンシーラーなどで目元の悩みを隠すのではなく、内面から改善してくれるのです。加齢により目元の皮膚が痩せることによりクマやくすみが起こります。またシワやシミに対してもビタミンC誘導体が働きかけ、年齢と共に失われるコラーゲンをしっかり繋ぎ止め肌内部にとどめてくれるため、年齢に負けないハリのある目元をよみがえらせてくれる効果があります。
これ以外にも美白有効成分が含まれたものや、高濃度のビタミンが配合されたものなど、目元の悩みに特化したアイクリームがあります。目元のクマを消し去り、透明感のある目元へと導いてくれるのです。目元は紫外線の影響を受けたり、メイクやクレンジングによる刺激により色素沈着しやすくなっています。今はまだ目に見えるクマが出来ていなくても若いうちから目元のケアをしっかり行っておくことは年齢に負けない目元を作る上で重要なことです。
今の時代、パソコンやスマホの普及により目元の衰えが若いうちからあらわれやすくなっています。化粧水→乳液→美容液→アイクリームといった順番をしっかり定着させ、美しい目元をキープできるように心掛けましょう。

30代になったらアイクリームを!クマにはレチノールやEGF配合のものを選びましょう!

皆さんはどんなスキンケア用品を使用していますか?化粧水に乳液、美容液といったところでしょうか?

確かにこれで十分と思われがちですが、実はアイクリームも是非使っていただきたいのです。アイクリームってあまり入っていないのに高価というイメージがあり、顔につかっている美容液で十分なのではと思われがちです。また値段からも使用を控えている人も少なくありません。

しかし皮膚が一番弱いところである目の周りはお肌に使う美容液では潤いが不十分なのです。また目元にはそれぞれクマだったり、シミだったり、シワだったり、弛みだったりと悩みはそれぞれ。その悩みにあったアイクリームをえらばなければいけません。

目元のクマが気になる人はレチノール誘導体が配合されているものを選びましょう。レチノールはビタミンAの一種でもともと私たちの体に存在している成分なんです。レチノールには肌奥の繊維細のコラーゲンを増やす効果があります。失われた目元のハリや弾力をよみがえらせてくれるのです。またEGFが配合されたものもおすすめです。EGFは若返りの成分と呼ばれ、お肌の生まれ変わりを促進する成分なのです。

アイクリームはスキンケアの一番最後に使うようにしましょう。フェイスクリームを使う場合は油分が少ない方を後に使い、なるべく2種類のクリームが混ざらないように注意しましょう。アイクリームは使う前に軽く温めてあげると浸透力が高まります。手のひらに乗せ少し温めてから、指の腹を使い目の気になる部分に点々とつけましょう。そのあとは力を入れず優しくなぞる感じでクリームを目の周りに伸ばします。この時力強くしてしまうと帰ってシワになってしまうので優しく行うのがポイントです。また特にシワなどの気になる部分がある場合はその部分を軽く指で押して浸透力を高めてあげましょう。

目元にアイクリームを付ける前にしっかり化粧水を浸透させ、目の周りを潤わせておきましょう。乾燥は様々な肌トラブルを招きます。化粧水でしっかりお肌や目の周りを潤わせてからアイクリームを使うようにしましょう。また使う前にアイクリームを温めることも大切ですが、目元も温めておくとさらに効果が上がります。ホットマスクをつけたりすることで目の周りの皮膚が温まりさらに浸透力が高まりますし、目の疲れも取ることができます。アイクリームは30代になったらできるだけ使用したほうがいいといえます。どうせ使うのであればアイクリームの効果を最大限に生かせる方法で使用するようにしましょう。