食べ物でクマを改善!茶クマ、青クマ、黒クマを改善する食べ物とは・・・

ある日鏡を覗いたらクマが出来ていたってことになったら嫌ですよね。その中でも目の下に青白いクマが出来てしまったら不健康に見られてしまいがちです。クマには茶クマ、青クマ、黒クマの3種類があり、その中でも青クマは血行不良でできてしまいます。目の下には毛細血管が通っており、目の下の皮膚は非常に薄いため透けて見えてしまうのです。しかし血管が透けて見えているだけと言っても目の下が青くなっているなんていかにも不健康そうな印象を与えてしまいます。

では青クマを改善するにはどうすればいいのでしょうか?

青クマは血行不良が原因で、血液の流れの悪化が影響しています。青クマを改善しようと思うと血液をサラサラにしてくれる食べ物を積極的に食べることも改善に繋がります。例えばニシン、ホッケ、カツオ、マグロ、サンマ、アジ、などの魚介類がおすすめです。また野菜でもネギ、アスパラ、キャベツ、ピーマン、ニンニク、ニラ、レタス、白菜、キュウリ、玉ねぎ、セロリ、ゴボウ、大根もいいでしょう。ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなども積極に取るようにしましょう。

中でもカシスには目の下のクマに効果があるとわかっています。カシスポリフェノール入りの飲料水飲むとクマが改善された報告例もあるんです。カシスポリフェノールが目の下の血行を改善し、眼精疲労を緩和させ、冷え性や肩こりも改善してくれるのです。カシスには顔の血流量を向上させる働きがあり、肌のトーンをアップしてくれます。またアントシアニンが豊富に含まれており、アントシアニンが血管を拡張し、血流の流れを良くしてくれます。クマにはカシスと覚えておくといいでしょう。

また茶クマは紫外線からのダメージを受け、メラニン色素が沈着して出来てしまいます。茶クマには美白効果のある食べ物を積極的に摂取することがおすすめです。中でもキウイがおすすめです。キウイを一日1個食べるだけでビタミンC、ビタミンEを同時に摂取することができるため、茶クマに効果的です。

また加齢が主な原因とされる黒クマには老化防止に効果のある、レバーがおすすめです。レバーには若さを保つために必要な核酸がふくまれており、目の下のクマのみならず、お肌老化にも効果があります。

クマや目元の悩みを改善するにはスキンケアも大切ですが、体の内面から改善することも大切です。不規則な生活を見直し、目に良い食べ物を積極的に摂取することもいいことなのです。