クマ改善の為に目もしっかり休ませよう!心掛けるのは質の良い睡眠!

身体を健康に保つためには私たちが想像している以上に生活習慣が重要と言えます。また生活習慣は健康以外にもお肌や目元などにも大きく影響するのです。子供の頃は夜9時には寝てばっちり8時間以上寝ていたのに、大人になるにつれてだんだんと睡眠時間が減少した人も多いのではないのでしょうか?目の下に出来るクマの中には睡眠不足が原因のものもあります。人は8時間睡眠をとるのがベストとされています。実際8時間以上睡眠をとっている人はどのくらいいるのでしょうか?睡眠には身体を休めて疲労を回復する効果があり、しっかり睡眠をとることが重要です。そして睡眠不足は美容にも大敵と言えます。8時間以上睡眠をとることが難しい人でも質の良い睡眠を心掛けることで補うこともできます。

皆さんお肌のゴールデンタイムトいうものがあるのをご存知ですか?夜の10時から夜中の2時は成長ホルモンが分泌されお肌の再生能力を高めます。このゴールデンタイムと呼ばれる時間にぐっすり深い睡眠に入っていることでお肌の調子を整え、クマを防いだり、クマを改善することができ、さらに疲労回復にもつながります。

また日常生活において常にパソコンやスマホの画面ばかり見ているなんて人も多いですよね。目の下にクマができる原因として長時間パソコンの画面を見ているという理由があげられます。仕事でパソコンを長時間使用していると目が疲れやすくなります。さらに画面を凝視しているため肩が凝ったりもしますよね。これにより血行不良をまねき全身の血流を悪くし、クマが慢性化してしまいます。もちろんスマホの画面も同じで、さらにスマホの画面は小さいため、目元に与える影響も大きいといえるでしょう。さらにパソコンの画面から放たれるブルーライトも目に悪影響を与えると言われています。最近ではこのブルーライトをカットする眼鏡も販売されており、一日中パソコンを使用する仕事をしている人はこういった眼鏡を利用し目をいたわるようにしましょう。

クマの中でも青クマは目元の血行不良や疲労から起こると言われています。仕事でパソコンを使う人はなかなかパソコンを控えるのは難しいですよね。そういう人は時間を決め、目を痩せませる時間を作ったり、スマホの使用を控えるなどの工夫をするようにしましょう。目の疲労はクマ以外のトラブルも引き起こしてしまいます。

しっかり睡眠をとったり、目を休ませることは体にとてもお肌にとっても目元にとっても大切なことです。

日常生活においてクマを作らせない生活習慣を自分で作っていくようにしましょう。